BowlRoll において、違反による削除を管理者権限により行ってまいりましたが
危険な対応もあったとの意見を頂きましたので、以下の通りに変更します。 
BowlRoll におけるファイル削除規定は以下の通りです。

第一項 2013年10月15日

   --- [ 即時削除 ] ---
  1. コンピュータウィルス等の有害なプログラムの配布
  2. 本サービスに重大な影響を及ぼすプログラムの配布
  3. 法人として販売、または配布しているデータの配布
  4. 他の利用者含む第三者または本サービスへの詐欺、脅迫行為等犯罪に結びつくデータの配布
  5. 他の利用者含む第三者または本サービスに関するプライバシー権を侵害するデータの配布
  6. わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待にあたるデータの配布
  7. 「風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律」が規定する映像送信型性風俗特殊営業に該当、またはそれに類似する画像、映像の配布
  8. 上記に定めるほか、法令、条例もしくは公序良俗に違反、または本サービスやサービス利用者に不利益を与える、あるいはおそれのあるデータの配布
  9. その他、管理人(田中辰則)が不適切と判断する場合
即時削除の内容は、主に BowlRoll の運営自体に影響を及ぼすものになります。
わかりやすく言えば、警察やら弁護士から裁判所通知を元に「You、裁判所にきてみないか?」という案件はなるべく避けたいところ、ということでご了承をば。


   --- [ 本人(著作権保持者)、または代理人からの申請による削除 ] ---
  1. 制作者が規定する利用規約に違反する行為
  2. 他の利用者含む第三者または本サービスへの誹謗中傷、または名誉毀損に該当するデータの配布
 著作権に関しては、二次創作含む著作権保持者からの通知でない場合、越権行為として BowlRoll 側が処罰される恐れがあると。
 なので、あくまで著作権保持者、または代理人からの申請がない場合は削除できませんのでご了承をば。
 ちなみに 、BowlRoll のアカウントへ、制作者自身の利用規約に準じていないのは削除して、と一言いってもらえれば自分が代理人という形で対応可能なので、すぐさま対応を希望の方はそのようにしてもらえれば幸いです。
  なお、第三者である人が著作権侵害だ、という行為は逆に名誉毀損で訴えられる可能性もありますので、素直に著作権保持者、または代理人に報告が吉とのこと。
 誹謗中傷等についても同様に、誹謗中傷された本人からでないと越権行為になる可能性があると。
 ただ、行き過ぎた 誹謗中傷等の行為は個人情報の流布等に繋がっていく場合もありますので、即時削除第9項に沿って対応もありますので、ご了承をば。

 
 上記について、疑問や指摘等がありましたら BowlRoll アカウントへご連絡くださいな〜
 なんせ、現在法律を勉強しているとはいえ、何分素人なので、間違っている可能性ももちろんございますので、指摘いただけると助かりますw
 (正直なところ、法律事務所等で利用規約を見てもらった方がいいかなと、考えてます、ハイ)
 また、次バージョンに移行しましたら、こちらを含む利用規約を BowlRoll の1ページとしてまとめますので、あらかじめご連絡しておきます。