さてさてさてさて、最後は実際に利用させてみたい方向けに書いてみようかと。
バックナンバーは以下の通り。

前々々回のお話: Unity、UE4等ゲームエンジン用のモデル配布に対する前提のお話  
前々回のお話 : Unity、UE4等ゲームエンジン用のモデル配布に対するBowlRollからの提言(利用させたくない場合)  
前回のお話  :Unity、UE4等ゲームエンジン用のモデル配布に対するBowlRollからの提言(利用させてみたい場合)

これ書いたおかげで、BowlRoll の利用規約の作成まだ終わらないよ!w

 
※タイトルに書いてある通り、これは「提言」であり、BowlRoll を利用する上でなんら強制力を発揮するものではありません。
 つまりは、この内容をみて行動するか否かは、貴方次第ということで〜

■おさらい 

 前回のエントリーで Oculus Rift ばっかし記載しましたので、誤解ないようにするため、ちゃんとおさらい。

 ・ Unity、UE4はゲームエンジンです。
 ・ Oculus Rift は表示デバイスです。
 ・ 
Oculus Rift で表示可能なソフトは主にUnity、UE4で作られています。
 ・ 上記ソフトは、Unity、UE4 で3Dモデル等を取り込み、プログラムを施して作られています。
 ・ 例えば、Unity が読込可能な3Dフォーマットはこちら
 ・ で、Unity、UE4はゲームエンジンです。


■実際に提供したい場合、どんなすればいい? 
 さて、現状はどうなっているか、といったら MMD4Mecanim(Beta)で FBX データに変換して利用しているかなと。
 これの最大の問題点は、モデル製作者側の意思関係なく変換されているところかなと。
 だったら、モデル製作者側がMMD/MMMで利用してもらうためにPMD/PMXファイルを配布していると同じように、Unity/UE4で利用してもらうためにモデル製作者側がFBXファイルを配布すればいいのでと。
 これであれば、ファイル形式で利用用途に対してモデル製作者側の意思を介在することができるし、ゲーム製作者側も余計な心配もせずに利用が可能になると。
 
 ということで、BowlRoll からの提言その1

  ゲーム製作者用に提供するのであれば、FBXファイルで配布

 そういえば、モデル製作者から聞いた話で、利用させたくない理由に「バグのある状態で配布したモデルを利用させたくない」というものがありました。
 そういった場合、例えば Unity では無料版が存在しますので、実際にインポートして確認すればいいかなと。

 [ Unity - ダウンロード ] : http://japan.unity3d.com/unity/download/

 あと、FBXファイルだとその他の用途で利用できてしまうのもありますが、そこは次の項目で。


■ライセンスはどうすればいいの? 
 さてさて、あるユーザがこんなことをつぶやいてました。



 これを見て、もしかしてライセンスに関する事情を知らないのは多いのかなと思うので、自分が知る限りの情報をば。
 前回のトトロのソフトを製作したのはアメリカで配布方法は無料配布で作品の価値を下げるようなものではないと、そうなるとフェアユースが適用される可能性が大なので、問題ないかなと。
 では、これがフランスで製作されたものであれば、ドイツで製作されたものであれば、と各国の憲法があり、それに準じていれば問題ないということがあります。
 ちなみに、日本でもこういった規定が検討されましたが、結果当分は制定されることはないとのことです・・・

 フランス・アメリカ・ドイツ著作権法におけるパロディ規定:文化審小委「パロディー」規定検討へ
 「パロディ規定」検討の結果は? 

 また、著作権は日本の場合は申告制ですので、ジブリから訴えない限りは、ってのもあります。
 ちなみに、二次創作で作成されたものは、一次創作者に加え、その二次創作者にも著作権を行使する権利があったりします。
 
 上記について、いろいろ書きましたが、これも現在であっているとは言い切れません。
 なんせ、私は法律の専門家ではないから!w
 上記を見てもらうとわかる通り、ライセンスは素人が判断するにはかなり難儀なものなのかがわかるかなと。
 で、そんな状況でもっと気軽に行使できるように生まれたのは、各種公式ランセンスとなります。
 今回の件で有名なところは、やっぱりクリエイティブ・コモンズとかかなと。 
 こういった公式ライセンスを利用することで・・・
  •  素人でも法律的の抜けのないライセンスを適用可能
  •  利用者側も法律的判断がしやすい
 といった利点があると。
 ただ、利点もあるならば、もちろん欠点もあるわけで、例えばMMDモデルで「表示-非営利-継承」のクリエイティブコモンズを適用するとなると・・・
  •  想定外の利用方法で利用される
 想像できるだけで、モデルにマ●コくっ付けて sex する、棍棒持って脳みそがブシャー、とエログロが考えられる上に、実際に問題になったものとして、そのモデルの素体化(裸の状態にして素材化)も防ぐことはできない、というのも考えられます。
  •  一次創作者に迷惑がかかる
 MMDモデルは主に二次創作(言い方を変えればファンアート)がメインで、もしかわいい幼女が実在の虐殺をテーマにしたエログロ系のゲームを制作したとしたら、そのゲームを制作した人はともかく、そのモデルを製作した人、そして何より一次創作者にまで影響が出ると。

 では、改変禁止にすれば、という意見もあると思いますが、それはそれで改造の余地があることで、様々な改造職人が生まれたという経緯をもつMMDの文化にそぐわない、と。
 このように、これだ、といった公式ライセンスがないことから、各自ライセンスを作成していったというのがあります。
 
 では、どうするか?
 自分は「だったら、やっぱり利用目的毎のモデルファイルを公開し、各自にライセンスを適用すればいいのは」と考えます。
 こうであれば、もしゲーム製作者側で問題を起こし公開を取りやめても、MMD側には影響はなく、かつFBXファイルのモデルには公式ライセンスを適用することで、ゲーム製作者側の要求も満たせるのかなと。

 ということで、BowlRoll からの提言その2

  ライセンスはFBXファイルを別途用意した後、公式ライセンスを適用
  (自分としては、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-改変禁止なんかでいいのでは、と)


 ただ、ちょっときになるのは、FBXファイルはあくまでUnity、UE4専用のフォーマットではないところ。
 ニコニ立体では、 .unity3d といったUnity専用フォーマットもあるみたいですが、情報がまったく引っかからないw
 これについては、今後フォーマットも含め課題になりそうかなと思います。
 後、どうしてもわからない場合はモデル製作者に聞いてみる、これ大事。


■どこで公開すればいいの?

 Unity を使っている人からしたら、やっぱり Unity の AssetStore で配布することがベストなのかなと。
 UE4でも AssetStore ができるらしいですが、現状どうなっているかよくわかりません。
 モデル製作者側としても、金額を設定して販売も可能と聞いたので、そういった面でもお得かなと。
 ただ、問題は AssetStore での配布は1次創作物でないと駄目であること。
 なので、それ以外は うちでの配布がいいのかなと。

 ということで、BowlRoll からの提言その3

  配布は一次創作物であれば 各ゲームエンジン のAssetStore がおすすめ
  それ以外であれば、BowlRollでの配布がおすすめ!
 

 ニコニ立体もありますが、FBX形式に対応していないんですよね。
 なんでなのか、ちょっときになるところです。

■BowlRoll で配布する場合は?
 光栄にも、うちでの配布を判断していただいたら、今後も踏まえ以下の通りにしてもらえると嬉しいです。

  BowlRoll からの提言その4

  BowlRoll での公開する場合、カテゴリの選択を「3DCG」に

 これは、前項でも説明しました通り、MMDと分けるという意味になります。
 そんだけ!
 

■最後に
 長々と閲覧いただき、ありがとうございます。
 そもそも、この件を書こうと思ったきっかけとして、自分が Oculus Rift に興味をもったというのもありますが、MNさんが物理コースター公開後に Oculus Rift でやりたいというユーザからの要望に対して、相談を受けた、というのがあります。
 で、一方ではライセンスに対してゲーム製作者とモデル製作者の間で溝が発生している件もあったと。
 それを見て、欠けているのは何かと考えた時、双方のコミュニケーション不足と情報共有不足であるのかなと。
 昔では、「にゃっぽん」というコミュニケーション、情報共有の場がありましたが、現在それがないのが本当に悔やまれます。
 なので、自分が持ちうる知識を公開したという流れになります。
 もちろん、個人の知識であり、間違っていることを書いている場合もございます。
 そういった場合は、ご指摘いただければ幸いです。
 また、UnityやUE4に関して情報がございましたら、Twitterなどでご連絡いただければと存じます。

 さて、今回の件を踏まえ、BowlRoll でライセンスの自動作成システムも作成したほうがいいと考え、現在仕様検討中です。
 今後、dev環境でテストをすると思いますので、その時にはご協力いただければ幸いです。
 また、フォーラムもつけたほうがいいかなとも思ってますが、何分利用規約もできていない状況ですw
 なので、開発は遅くなると思いますので、あらかじめご了承をば〜

 今回の内容はあくまで「提言」です。
 皆さんに強制するものではありません。
 何も変わらないかもしれないし、何か変わるかもしれません。
 ただ、少なくとも行動してみないと何も変わらないだけなのでw

 では、こんなところで〜